男のゼクシィ TOP男の結婚準備 7つの出番>結婚報告・ゲスト選び・席次決め★基礎知識

男の出番4 報告・ゲスト選び 検討時期 挙式7縲鰀3カ月前

結婚はこれまでの人生で関わった人へ感謝を表す場でもある。職場で報告する相手の順序にも配慮を。当日の招待ゲスト選びや席次決めは意外と悩ましい作業だ。 引出物、招待状、席次表を探す

男の出番4 結婚報告・ゲスト選び・席次決め お世話になった人々への礼儀は欠かさずに

結婚報告におけるポイント

結婚が決まったら、周囲に早めに報告しよう。ただし、報告の順番にも社会人としてのマナーがあるので注意が必要だ。職場では、先輩や同僚よりもまず一番初めに直属の上司に報告すること。噂話のような形で第三者から結婚話が伝わってしまったり、飛び越えてさらに上の上司に先に報告されたりすると、直属の上司に不愉快な思いをさせてしまう。また、報告の際には、結婚式に招待する予定かどうかも明らかにしておくこと。
親戚関係については、自分から直接報告するよりも、まず親から電話で連絡してもらうのが一般的。その際には、結婚式の日取りも伝えて、出欠の確認もしてもらうといい。ひと通り結婚報告を済ませたら、次に招待状の送付だが、これは遅くても結婚式の2カ月前までには発送するのがマナー。急な招待で先方を慌てさせないために、早めに準備を始めよう。

職場での報告の順序
1. 直属の上司   ↓ 2. その他の上司     ↓ 3. 先輩     ↓ 4. 同僚 結婚の話は人づてに伝わるよりも、きちんと自分の口から報告すべきこと。直属の上司を飛び越えてさらに上の上司に報告したり、真っ先に同僚に報告したりするのはNGだ。噂話が広まるのは早い。

ゲスト選びの手順

会場選びにも関わる要素なので、早めに固めておきたいのが招待ゲストのリスト。まずは彼女とふたりで、お互いのゲストの顔ぶれや人数を大まかに擦り合わせよう。それぞれの顔ぶれ(親族、職場関係者、友人のバランス)や人数にバラつきがある場合は、両家のバランスを考えて調整を。招待したい人数が多すぎるようなら、友人関係は二次会への招待でフォローすることも考えたい。主賓(両家各1名)やスピーチをお願いする人についても、この時点で考えておこう。

招待すべきかどうか迷った時の判断ポイント

自分が結婚式に呼ばれた相手は、招待するのがマナー 職場の人をどこまで呼ぶかは、先輩の意見を参考に 必ずしも両家のゲスト人数が一致していなくてもOK 遠方のゲストは、交通費を負担できるかどうか事前に伝えて判断を任せる 会場や予算によって限られた招待可能な人数の中で、どの人を選ぶのかは大きな悩みどころ。困った時にはすでに結婚式を経験している先輩や友人に尋ねるのが一番だ。何らかの事情で招待できない人でも、適宜「親族だけで行いますので」などと理由を説明しながら、結婚の報告をする気遣いを。

席次の決め方

席次はふたりとの関わりの度合いや立場に合わせて、上座・下座を順守すること。結婚式の場合、新郎新婦に最も近い席が上座となり、出入口に近いほど下座として扱われる。上座には主賓や職場の上司、下座には親族が座るのが基本。さらに親族のテーブルの中でも、父母が末席、関係の遠い親戚、あるいは年配者ほど上座を割り振るのがルールだ。半端な人数が出た際は、友人ゲストであれば、両家のゲストが同じ卓についても問題はない。

席次の基本ルール
丸テーブルの場合、長テーブルの場合 同じ役職の上司が複数いるケースや、あるいは部下なのに年上であるケースもあるだろう。判断に困った時は、同じ職場で先に結婚した先輩に相談するのがベスト。 同じ役職の上司が複数いるケースや、あるいは部下なのに年上であるケースもあるだろう。判断に困った時は、同じ職場で先に結婚した先輩に相談するのがベスト。

席次表の常識

席次表にはゲストの肩書きをどこまで詳しく書くか? これもまた判断が分かれそうなポイントだが、最近ではあまり堅苦しくせず、ケースバイケースで対応するのが主流だ。例えば職場の上司なら、会社名や職位まで書き添えるのではなく、「新郎上司」とゲストとの間柄が分かる程度でOK。ただし、ゲストに仕事関係者が多数を占める場合は会社名、役職を書き添えるのが自然だろう。あってはならないのは、肩書きや氏名を間違えてしまうこと。相手からもらった年賀状や名刺などと照らし合わせ、印刷前にふたりで必ずダブルチェックを。

結婚報告・ゲスト選び・席次決めの前にチェックしよう!

職場や仲間内での“報告漏れ”はないか!?
結婚が決まると、雑談レベルで友人たちに報告してしまいがち。だからこそ、どこまで自分の口から伝えたかをクリアにしておきたい。結婚の話は、人づてに聞いて知っていたとしても、やはり本人の口から直接報告を受けたいもの。直接の報告は、相手にとって意外と心証を左右する大切なことだ。
席次は年代ではなく間柄でくくること
友人、あるいは職場の仲間など、披露宴の席次はグループ単位でくくるのがフォーマルな場での原則だ。人数が半端だった場合、新郎側、新婦側の友人を同じテーブルに割り振るのはOK。
親族の席次は親に相談を
もちろん親族席にも上座・下座は存在する。家族は下座、遠い親族ほど上座へというのがマナーだが、親族間の微妙な関係性は当人たちでは分からない部分もあるので、親に判断を委ねてしまうのがベストかも。

男が知っておくべき基礎知識プロが教える男の上げ方これだけは知って!彼女のキモチ



ゼクシィシリーズ