男のゼクシィ TOP男の結婚準備 7つの出番>当日のふるまい・謝辞★基礎知識

男の出番7 当日のふるまい・謝辞 挙式当日

さて、事前の準備をつつがなく終えたら、いよいよ挙式本番だ。緊張するばかりではなく、晴れ舞台を楽しむ心のゆとりを持って堂々とふるまおう。

男の出番7 当日のふるまい・謝辞 いざ当日。正しい花婿の姿はこれ!

結婚式当日の新郎の心構え

親しい友人だけでなく、彼女の親やお互いの親族、職場関係者にも見守られる結婚式。緊張するのはやむを得ないが、これから新たな家庭を築く新郎としては、男らしく堂々と、頼もしい態度を披露してゲストを安心させたいものだ。また、新郎は、注目される緊張感と慣れない花嫁衣裳に不自由を抱えている花嫁をリードしてあげなければならない立場でもある。彼女が感極まって涙を落としたら、すっとハンカチを差し出すような気遣いができれば最高だ。
難しく考える必要はない。当日は身支度などで何かと多忙な花嫁に代わり、ゲスト一人一人に感謝の意を伝えるなどもてなしの心を忘れずに、全体の進行を意識しながらスマートな振る舞いを心がけよう。

当日の新郎の“男らしさ”を上げる4つのシーン

結婚式の時くらい、堂々とした男らしい姿を披露したいもの。映像や写真に残ることを考えれば、妙にオドオドしていたり終始猫背でいるようでは、「この先大丈夫か?」と参列した親族をガッカリさせてしまう。そこで、少しでも見栄えの良い新郎であるために、次のシーンだけでもシャキッと背筋を伸ばし、堂々と振る舞うことを心掛けよう。

入場シーン、退場シーン

カッコいい衣裳に身を包んでいても、姿勢が悪いと台無しだ。常に見られていると意識しておけば、おのずと背筋も伸びるはず。歩く際には彼女をエスコートする気持ちで。

花嫁が「親への手紙」を読んでいる最中

花嫁の手紙に涙は付きもの。途中で感極まって泣き出す花嫁に、サッとハンカチを差し出すのはキミの役目だ。背中に手を添え励ます姿に、彼女もきっとホレ直すはず。

ゲストがスピーチや余興をしている最中

特にスピーチはふたりに向けた祝福の言葉。体を向け、集中して聞くことが大切だ。キョロキョロよそ見をしたり、新婦と雑談したりするのは禁物。礼儀正しいふるまいを。

謝辞を読むシーン 

披露宴を締めくくる「謝辞」は、花婿にとって最大の見せ場。ダラダラと続く長い話は無用だ。両家の代表という意識を持ち、力強く簡潔にみんなに感謝を述べたいもの。


謝辞のポイント

謝辞とは、披露宴の締めくくりに新郎がゲストに伝えるお礼の言葉。ここで何よりも大切なのは、晴れの日の最後を飾るのにふさわしく、堂々と自分の言葉で感謝の気持ちを述べること。メモを見ながら話してもいいが、完全に読み上げるだけだったり、トチってばかりでは締まらない。ある程度、練習はしておこう。文面に自信が持てなければ、次の構成例を文面作りの参考にしてほしい。

謝辞の構成例
下記の構成例はあくまでオーソドックスな最低限の骨子。合間に自分たちならではのエピソードを盛り込むなど肉付けをして自分の言葉で語り、ゲストの心に残る謝辞に完成させてほしい。緊張するのは仕方がない。背筋を伸ばし、ハキハキと喋ることを意識しよう。 ①本日はお忙しい中、私たちの結婚披露宴にご列席くださいまして、ありがとうございました。皆さまからの心温まるたくさんのお祝いの言葉をいただき、深く感謝しております。 今まで育ててくれた父母はもちろんのこと、来賓をはじめ、ご列席いただいた方々や関係者すべての人に助けられ、今日の晴れの日を迎えることができました。 ②未熟な私たちですが、これからはふたりで力を合わせ、頑張っていきたいと思っています。今後ともご指導のほど、宜しくお願いいたします。 ③最後に皆さまのご健康とご多幸をお祈りしまして、簡単ではございますが私たちふたりからのあいさつとさせていただきます。 本日は本当にありがとうございました。 ポイント① 冒頭で参列してくれたゲストへの御礼を ポイント② 夫婦として新生活への抱負を ポイント③ 締めくくりにゲストの幸せを祈る

いざ挙式の前にチェックしよう!

前日の対応も大切!
主賓や司会者、式場の担当者などに、前日にひと言、「明日は宜しくお願いします」と電話であいさつを入れておく配慮を。また当日の新郎新婦は自分たちの準備で精一杯。場合によっては、それぞれの親にあらためて、当日の重要ゲストへの配慮をお願いしておこう。
謝辞では今後の抱負を忘れずに
謝辞で最も伝えるべきことは、今日この日があるのはゲストの皆さんのおかげであるという、感謝の気持ち。それに加え、晴れの日に立ち会ってくれたゲストに向け、新たな家庭を築くことへの決意を自分の言葉で盛り込もう。口先だけの決意ではなく、一旦口にしたことはやり遂げる、そんな気持ちで語ろう。
後日の対応、フォローも重要
当日のふたりは何かと多忙であるため、十分に会話ができなかったり、フォローができなかったゲストもいるだろう。後日あらためて電話でお礼を伝えるなど対応を万全に。写真や結婚報告ハガキ(時期によっては年賀状で兼ねても良い)ができあがったらお礼の言葉を添えて送ろう。招待できなかったけれどお祝いをいただいた人には、内祝いも。挙式後1カ月以内に発送するのがマナーだ。

男が知っておくべき基礎知識プロが教える男の上げ方これだけは知って!彼女のキモチ



ゼクシィシリーズ